過敏性腸症候群は下痢や便秘に。

過敏性腸症候群というのを聞いた事があるでしょうか?

 

たぶん、ほとんどの人は聞いた事がないと思うのですが、これは腸が過敏になることで、下痢とか便秘、腹痛をはじめとして全身にいろんな症状を引き起こす病気のことです。

 

腸が過敏になってしまう理由としては、軽い腸炎や腸内環境の悪化、それに加えてストレスなどがあります。

 

そして、実はこうした理由のうちでストレスは腸の運動に直接影響を及ぼすんだそうですよ。

 

ストレスを受けてしまうと、腸の運動というのは早くなったり、遅くなったりするのですが、それが下痢とか便秘を引き起こすそうです。

 

この過敏性腸症候群というのは、感受性が強くて、さらにストレスを受けやすい10代から30代の若い人に多くみられるようです。

 

そして、入学とか会社の人事異動の時期などに良く発症すると言われています。

 

感受性が強い事が理由として大きい訳ですが、逆にいえば、年齢を重ねていくにつれ

てその感受性が鈍ってくるとこうした症状はだんだんと減少傾向にあるんだそうです。

 

普段から下痢に悩んでしまう人はもしかしたらこの過敏性腸症候群かも知れないですね。

 

今は、下痢対策の為に黒梅日和は【効果なし?】通販で購入して※【後悔】する秘密!にある黒梅日和といったサプリメントもあるみたいですが、もし症状が本当にきついと思う場合は病院に一度見てもらった方がいいでしょうね。