都会の古墳

以前から都内に多くの古墳があることはタモリさんの番組かなんかで知っていた。

 

 

世田谷には古墳付き住宅まであるって。

 

 

でも東京のど真ん中のおしゃれな街に古墳があるなんて不思議な感じがするし、にわかに信じがたい。

 

埼玉県出身の私にとっての古墳は稲荷山古墳(ヤマトタケル関連の鉄の剣が出たところ)とかちょっと変り種だけど吉見の百穴なんかが馴染みのある古墳で、そういうのってだいたい田舎にあるものだと思ってしまう。

 

今日見つけた古墳は代官山のおしゃれな店とか蔦屋書店なんかがあるまさに都会的な街のビルの間にあった。

 

 

猿楽町にあるから「猿楽塚」。小さな山になってる上になぜか神社まで立てられていてチグハグな印象を受けた。

 

 

都会の真ん中で古代の息吹を感じてしまうなんて思いがけない出会いすぎて今日一日会う人会う人に自慢していた。こんな出会いがあるから散歩はやめられない。そういえば、キトラ古墳の壁画が後悔されていたみたいですね。見に行けばよかった~。キトラ古墳壁画の公開について|文化庁